奨学金を仮想通貨にぶっ込んで留年した分の学費を払った学生。というか税金とか考えてる?大丈夫?

1: ななし 2018/02/18(日)17:47:51 ID:aIs

「利益で留年した学費支払った」 学生にも仮想通貨取引広がる

ネットを使って少額でも取引できる気軽さから、仮想通貨取引を行う大学生が増えているようだ。
奨学金を元手に利益を出し、留年した分の学費を支払ったという大学生に話を聞いた。

■「しばらく右肩上がりするのでは。自信があった」

都内の私立大学に通うYさん(大学4年)が仮想通貨取引を始めたのは2017年1月。ビットコインや、
リップルのようなアルトコインの取引を行ってきたという。自己資金よりも多くの金額を取引できる
レバレッジ取引(FX)にも手を出した。

(アルトコイン:ビットコイン以外の仮想通貨)

「投機を始めてみたいと思ったのがきっかけ。株と違い、少ない金額から参入できるのが魅力」(Yさん)

仮想通貨購入の資金は、日本学生支援機構から貸与された奨学金を使った。Yさんは現在、1年留年しており、
学費を奨学金と自身の収入で賄う必要がある。その状況で仮想通貨取引を行うのはリスクが高く、不適切な
場合もあるのではと尋ねると、「当時のビットコインのチャートを見ていたら、しばらくは右肩上がりを
するのではないかと思った。自信があった」と答える。結果、仮想通貨取引で得た利益で学費を賄えたという。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/15/news114.html

ITmedia ニュース 上田奈々絵 2018年02月15日 16時28分




元記事:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518943671/


副業でお金を稼ぐ方法2chまとめ -お金の増やし方・稼ぎ方-