必要な利回りを計算してみた①

マネープランをシミュレーションしたことで、自分の夢であるスーパーカーの購入どころか、子供の教育資金、夫婦の老後の貯金などに不安点があることがわかりました。

 

 

そこで今回は①スーパーカーの購入、②老後資金について、③子供の教育資金について

どの程度の利回りと投資金が必要なのかを計算してみました。

 

スーパーカーを購入するために必要な利回りは〇〇%!?

現在の新車で買えるフェラーリは大体4000万程度のようですが(車種によるでしょうが)、少し前の方で458イタリアでは2000万円台、458スパイダーで2000万から3000万円台といったところのようです。

実際に個人的に欲しいと思っていたのはさらに前の方であるF430スパイダーなのですが、型遅れなだけあって、2000万円を切る価格で現在は買えるようですね。

そこで、今回はF430スパイダーを想定して2000万円を目標とした時の必要な利回りをシミュレーションしてみました。

 

 

今回の条件は、投資の初期資金を50万円、毎月2万円を投資金に追加(積立て)していき、10年後に2000万で購入するという仮定でシミュレーションしました。

 

 

 

 

その結果は・・・・・・

 

 

 

 

年利27.7%の利回りが必要と算出されました。

 

わかる人にはわかるでしょうが、これはかなり厳しい数字と言えるでしょうね。

世界的な著名投資家であり、世界第2位の大富豪であるウォーレン・バフェット氏でも年利は23%程度と言われています。

 

すなわち、世界第2位の富豪以上の利率を10年間出し続けないといけないというほぼ不可能な試算となってしまいました。

 

購入までの期間を10年後から20年後に変更すると、年利10.5%程度に落ち着いてきますから、まだ現実的な気もしますが・・・

 

しかしながら、次回以降に記事にする予定である老後資金と教育資金についても考えると、現実的には厳しいと言わざるを得ないでしょうね・・・残念ですが・・・

Trader's Academy

その他

Posted by WebMaster