今日もFXでデモトレードした。

今日も仕事から帰宅後、NBA2K18をやりながら、デモトレードに励んでいました。

成績も順調で4戦3勝1敗で+2.3pipsでした。

 

利益は多少出ているもののそれぞれのトレードで利益確定に関しては失敗しているトレードでした。

①EUR/USDのトレードについて

EUR/USDのトレードですね。

11:30頃まで順調に上昇トレンドを形成している様子がうかがえました。
一方で、11:45分で最高値を付けて以降は徐々に上値を切り下げています。さらに、安値を切り下げ始めていることから、上昇トレンドは終了し、下落トレンドへ移行する可能性があると判断しました。

12:40分から30分ぐらいは、値動きが緩慢になっていましたから1.16250付近で売りを仕掛けようと考えていました。

ゲームをやりながらということもあり仕掛けのタイミングは若干ずれてしまいましたが、ポジションを持ってからは順調に値を下げていたので良いタイミングでの仕掛けだったと思います。

 

最初は、1.16320にSLを置き、TPは1.16120あたりにしていました。
仕掛けた足の次の足が確定した段階で、陰線の大体半分戻したあたりにトレーリングストップとしてSLを移動したために、その部分で利益確定の損切りとなりました。

 

結果論ですが、少し我慢していれば最初に設定していたTPに到達していました。

典型的な利小損大にしてしまった典型とも言えるかもしれません。利益確定については現在では検証している最中でもありますので、そこまで気にはしていませんが。

考えられるSLの取り方としては、

  1. 最初のSLの位置から全く動かさない(トレーリングストップを採用しない)
  2. 建値と同値(手数料を考慮して)にSLを置きなおす(損失を出さないためのトレーリングストップ)
  3. 今回と同様の位置にSLを置きなおす(ある程度薄利でも利益を確定させるためのトレーリングストップ)

今回はⅠ.とⅡ.の場合で最大の利益を獲得できたということになりました。

この点に関してはⅠ〜Ⅲの内で取れば一番効率的なものかは検証していく必要があると考えています。

 

②EUR/JPYのトレードについて

 

Ⅰ回目のトレードはエントリーのサイン自体は予定通りのもので個人的には満足しています。①のトレードと似たような背景で高値をダラダラと切り下げてきていましたから売りで入ることが賢明と判断していました。

ただ、利益確定の仕方がよろしくなかったです。本来であればHLバンドのLバンドがTPのポイントになるのですが、その前にある程度利益が出たタイミングで利確してしまっています。

結果論を言えば、あと20分程度待てれていればLバンドに到達していましたからそこまで待つべきだったかもしれません。

 

その後、再度EUR/JPYでトレードしていますが、この時は買いで参入しています。

エントリーの理由は、1回目のトレードと同じロジックですが、ここまでのチャートの背景を考えれば見送りするべきだったかもしれません。

2回目のトレードの根拠としては、
チャートの背景自体は下落トレンドのため、大きな上昇は期待できないと判断しました。
本来ならTPはHバンドに置きますが、今回は、ポラボリックにタッチで利確するという早めの利確を心がけるストラテジーを立てました。

結果としては、Lバンドにタッチしたところで損切りしました。

 

おそらく、ベストのトレードは1回目のトレードで利益を伸ばすためLバンドタッチまで待つこと、2回目のトレードは見送りを選択するべきだったということでしょう。

 

③USD/JPYのトレードについて

 

これも②のEUR/JPY2回目のトレードと似たような背景ですね。ただ、下落トレンドから直近高値を切り上げ始め、かつ、安値も切り上げていることから、上昇トレンドに転じる可能性が考えられました。

エントリーのルールは②のEUR/JPYのロジックと同じものです。

本来であれば、HバンドにTPを置いてLバンドにSLを置くというスタイルですが、直近高値の付近にパラボリック、その少し上にHバンドが存在してるために、早めの決済としてパラボリックタッチで利確というストラテジーにしました。

 

このトレードが一番自分なりの根拠に基づいたトレードでした。

 

全体的に・・・

 

今日のトレードはエントリーのタイミングは悪くなかったと思いますが、それを最大限に生かすイグジットができていませんでした。

この点についてはさらなるブラッシュアップが必要ということでしょうね。

Trader's Academy

FX

Posted by WebMaster