株価の乱高下の原因の一つであるアルゴリズムによる「超高速取引」、1日から登録制に。

1: ななし 2018/04/01(日) 12:19:31.23 ID:CAP_USER

大量の株式をコンピューターで瞬時に売買する「超高速取引」の事業者が1日から登録制となります。このところの株価の激しい値動きは、超高速取引の拡大が背景にあると見られていて、登録制の導入が取り引きの実態把握につながるのか注目されます。

大量の株式をコンピューターで瞬時に売買する「超高速取引」は世界的に広がっていて、取り引きの増加で市場を活性化させている一方、株価の乱高下を招いているという指摘も出ています。

こうした中、超高速取引を行っている事業者を登録制とする改正金融商品取引法が1日、施行されました。

金融庁によりますと、現在、国内で超高速取引を手がけているのは、国内外の証券会社やヘッジファンドなど70社程度だということです。

登録を受けた事業者は、システムトラブルや誤った注文を防ぐための体制を整えることや、取り引きの記録を一定期間、保存することが義務づけられます。また、問題が起きた場合は、行政処分の対象となります。

超高速取引に対する規制はアメリカやヨーロッパでも進められていて、登録制の導入によってどの事業者がいつ、どのような規模で超高速取引を行ったかという実態把握につながるのか注目されます。
4月1日 10時31分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180401/k10011387241000.html




元記事:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1522552771/

⇒副収入に最適な方法は何?代表的な投資・副業について解説

⇒無料スマホアプリ充実のFX会社はどこ?

副業でお金を稼ぐ方法2chまとめ -お金の増やし方・稼ぎ方-