【企業】大塚家具、経営危機へ…久美子社長の改革失敗、父・勝久時代より経営悪化 ( ゚Д゚;)

足元で、大塚家具の業績回復が見えてこない。同社の大塚勝久元会長とその長女・久美子現社長の対立に伴う経営の混乱が、 
同社の社会的なイメージを大きく傷つけてしまった。新社長の下で中古家具の取り扱いなど、従来の戦略とは異質な取り組みを進めている。
しかし、これまでのところ、消費者はそうした変化をあまり受け入れてはいないようだ。
「気の利くアドバイスをくれる店員が、昔に比べると少なくなった」との声を耳にすることが多い。
それは、大塚家具が大切にしてきた顧客との関係が希薄化していることを示す兆候といえる。

4: 投資のお楽しみまとめ 2017/11/27(月) 20:42:57.21 ID:YpY1HB+R0
ブランドを維持するためには、価格やターゲットの消費者層を変えてはいけないって誰か言ってたな

引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511782875/

続きを読む

開運!投資まとめ☆

企業

Posted by WebMaster