【働き方改革】「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み⁈

産経ニュース2017.11.23 09:56更新 
「約4割のビジネスパーソンが時短ハラスメント(ジタハラ)に悩まされている」--高橋書店は11月22日、現役のビジネスパーソンを対象に行った「働き方改革」に関するアンケート調査の結果を発表した。「働き方改革」推進の影響で、“ジタハラ”に悩まされるケースがあるという。
 全体の53.4%が「会社で働き方改革が行われている」と回答。そのうち、41.5%が「働ける時間が短くなったのに、業務量が以前のままのため、仕事が終わらない」という「時短ハラスメント」に関する悩みを抱えていた。
 時短ハラスメントは、長時間労働を改善する具体策の提案がないまま、頭ごなしに「残業をするな」「定時に帰れ」などと命令されることを指すという。

 

2: 投資のお楽しみまとめ 2017/11/23(木) 14:32:23.19 ID:ayD89az80
時短で仕事が終わらないのは、そういう人員体制にした
会社の責任で、従業員は悪くない

問題があるなら人員を増やせばいいだけなので、気楽に
定時退社すればいいんじゃないか?

引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511415135/

続きを読む

開運!投資まとめ☆